お問い合わせ先

YAMAGATAひらめきコンペティション事務局(東北芸術工科大学企画構想学科内)

 

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

[FAX]023-627-2140 [Mail]hiramekicompe2019@gmail.com

※土曜日曜、祝日期間を除きます。

© YAMAGATAひらめきコンペティション事務局

​株式会社 鈴木製作所

若い世代にホビーソーイングの楽しさを知ってもらうための企画

私たちは家庭用ロックミシンの開発・設計から製造までを行う会社です。                    
                    
ロックミシンをご存じですか? 生地端のほつれを防止するためのミシンです。                    
ミシンに内蔵した“ハサミ”で生地を切断し、その生地端を糸で包むように縫っていきます。                    
縫い目の構造上、ニットなどの伸縮生地に対応できるという特徴があります。                    
用途の多くは、ニット素材を用いた服作りで、例えばTシャツはロックミシン1台で作ることができます。                  
                    
私たちのお客様は趣味で服などを作るホビーソーイングの愛好者です。                    
ホビーソーイング愛好者は全世界的に中高年の女性がほとんどを占めています。                    
                    
これまでのホビーソーイング愛好者は『家族の服はお母さんが作る』という時代を経験                    
している方が多いので、既製服が主流となった現在でもソーイングを楽しむ方が多くいらっしゃいます。                    
                    
一方、今後ホビーソーイング愛好者になるであろう方々は以下のような環境で育ってきました。                    
  1、ミシンを使う機会がほとんどない。・・・・・家庭科の実習程度                    
  2、安価で素敵な既製服が多く流通している。・・・・・衣類量販店の台頭                    
  3、楽しみや趣味の多様化。・・・・・ゲームやエンターテイメントなど                    
この生活環境を背景にホビーソーイング愛好者が減少する傾向にあります。                    
                    
                    
ホビーソーイングとは、生地や糸を材料にして、世界に一つだけの“オリジナル作品”                    
を作るクリエイティブな行為であり、“自分用に作る楽しみ”や、“誰かのために作る喜び”                    
に満ちた、心が豊かになる趣味なのです。           
                    
ホビーソーイング愛好者を増やすために、その楽しさを、男女を問わず、特に若者に                    
広める素晴らしいアイディアをお待ちしております。                    

7/25 オリエンテーション資料

​動画
​資料

 質問返答

Q1、『現在、若い世代はどのくらいミシンを使っているのか?』

この質問の意味として、2通りの解釈ができます。
1. 現在、若い世代の、ミシンの使用頻度はどれくらいか?
2. 現在、若い世代はどれくらいの人数がミシンを使っているのか?
この2通りについて回答します。
1. わかりません。
2. 若い世代を 15 歳から 29 歳の男女と捉えた場合、ある統計によるとソーイング人口の10%弱だそうです。
但し、ソーイング人口とは、ミシンを使った洋裁や、パッチワーク、キルト、刺子を含んだものですので、
実際のミシンを使ったソーイング人口はわかりません。
以上です。
実際に年代別の統計調査等のデーターは無く、ミシンの総生産台数などから減少が解るだけのようです。
また、講習会やホビーショー、店頭などの参加状況から総じて年配者が多い程度しか解らない状態です。
若い方ということでは、縫製関係の学校・専門校の学生様は使っておられますが少ないです。